當社「光ファイバ被覆の信頼性技術の確立」が日本接著學會の技術賞を受賞

~ 情報伝送ロスを防ぐ獨自性の高い検証技術と実製品における貢獻度が評価 ~

2021年6月25日

  • 獨自性の高い検証技術と実製品における活用度が評価され、日本接著學會の技術賞を受賞
  • 従來は別々に評価していたガラスファイバと樹脂被覆を製品形狀のままで同時に評価?検証
  • 光ファイバ?ケーブルの研究?開発?製品化により、真に豊かで持続可能な社會の実現に貢獻

古河電気工業株式會社(本社:東京都千代田區丸の內2丁目2番3號、代表取締役社長:小林敬一)は、?般社団法??本接著學會より「技術賞」を受賞しました。通信?ネットワークシステムを支える光ファイバは社會インフラであり、當社の「光ファイバ被覆の信頼性技術」が、その信頼性と安定性の向上を実現したことが評価されたものです。

背景

古河電工は1974年に世界で初めて光ファイバ?ケーブルのフィールド実験に成功して以來、世界各地に光ファイバ?ケーブル製造工場を展開し、高速大容量通信を支えています。近年、ウィズコロナ時代の行動変容にともないICTの利用機會が増えていますが、光ファイバ?ケーブルは主要な無線基地局をつなぎ、自動運転や機器の遠隔制御、高精度動畫配信等の通信?ネットワークシステムを支える社會インフラであり、高い信頼性と安定性が求められます。

內容

光ファイバの信頼性と安定性には、ガラスファイバ外周に被覆される樹脂層の性能が影響し、製造時や敷設後の環境でガラスと樹脂の密著に隙間が生じると情報の伝送ロスの原因となります。このたび受賞した當社の光ファイバ被覆の信頼性評価に関する技術は、被覆の硬さなどの特性を光ファイバの形狀で測定する方法です。従來は別々に評価していたガラスファイバと樹脂被覆を、光ファイバという製品の狀態で同時に評価?検証することを可能としています。光ファイバの製造條件で様々に変化する被覆の硬化性、體積変化、ガラスファイバと樹脂被覆の密著性を短期間で評価?検証することで、長期信頼性の高い光ファイバの製造條件最適化や設計指針を得られ、実製品の信頼性向上に活用されています。直徑約200umと髪の毛ほどの細さの光ファイバの被覆特性を直接測定する獨自性の高い検証方法と、実製品における活用度が高く評価され、當社として初の「技術賞」受賞となりました。
6月24日(木)?25日(金)に開催された第59回?本接著學會年次?會にて、授賞式および受賞講演が行われ、當社からは受賞者を代表して田中広樹が「光ファイバ被覆の信頼性技術の確立」という題目で講演しました。
當社は今後も光ファイバ?ケーブルの研究?開発?製品化を行い、真に豊かで持続可能な社會の実現に貢獻してまいります。

<受賞者>

古河電工グループのSDGsへの取り組み

當社グループは、國連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」を念頭に置き、2030年をターゲットとした「古河電工グループ ビジョン2030」を策定して、「地球環境を守り、安全?安心?快適な生活を実現するため、情報/エネルギー/モビリティが融合した社會基盤を創る?!工讼颏堡咳·杲Mみを進めています。ビジョン2030の達成に向けて、中長期的な企業価値向上を目指すESG経営をOpen,Agile,Innovativeに推進し、SDGsの達成に貢獻します。

ニュースリリースに記載されている情報は、発表日現在のものです。仕様、価格、サービス內容などの情報は予告無しに変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

関連リンク