マルチサービスアクセスVPNルータ F220 EX/F221 EXを発売
? 通信事業者ネットワークの高度なパケット転送技術に対応した小型ルータ ?

2021年1月27日

  • MPLS(注1)やSRv6(注2)などの高度なパケット転送技術に対応した、コストパフォーマンスに優れた通信事業者の拠點向け小型ルータ
  • 通信事業者向けマルチサービスルータFXシリーズで培ったキャリアグレードの技術と実績を継承

古河電気工業株式會社(本社:東京都千代田區丸の內2丁目2番3號、代表取締役社長:小林敬一)は、2021年1月よりルータブランドFITELnet?シリーズの新製品として、マルチサービスアクセスVPNルータ「FITELnet? F220 EX」と「FITELnet? F221 EX」の一般発売を開始しました?!窮220 EX」と「F221 EX」は、通信事業者ネットワークで利用されている高度なパケット転送技術に対応したルータです。FXシリーズの技術と実績を継承しているため、高い機能性を持つコストパフォーマンスに優れたルータとして、ネットワークの高度化?多様化の推進に貢獻します。

(左)FITELnet? F220 EX /(右)FITELnet? F221 EX

背景

5GやIoTサービスの急速な普及?発展による顧客ニーズの高度化?多様化への対応として、通信事業者アクセスネットワークや大規模企業ネットワークでは、従來通信事業者ネットワークのみで使われていた高度なパケット転送技術を持つ高い機能性を有する拠點ルータが求められています。しかし、その領域においては、既存の高機能?高性能ルータのスケーラビリティは必要無いため、當社では、通信事業者向け製品であるFXシリーズの技術と実績を継承した高い機能性を持つコストパフォーマンスに優れた小型ルータとして『FITELnet? F220 EX』と『FITELnet? F221 EX』を開発しました。

高い機能性が求められる領域の拡大

內容

高度なパケット転送技術に対応したコストパフォーマンスに優れた通信事業者の拠點向け小型ルータ

通信事業者のVPNサービスなどのバックボーンネットワークで利用される下記のトランスポート機能やネット
ワークスライシング(注3)?サービスチェイニング(注4)技術を小型ルータにてサポートします。

通信事業者向けマルチサービスルータFXシリーズで培ったキャリアグレードの技術と実績を継承

FXシリーズとのアーキテクチャ共通化により、コントロールプレーンとデータプレーンの分離やFXシリーズの高機能ソフトウェアの展開を実現。FXシリーズの技術だけでなく、商用ネットワークでの実績も継承し、安定性の高いネットワークサービスを提供します。

參考情報:FXシリーズの特長

FXシリーズは、當社が主に通信事業者ネットワーク向けに開発した、高機能?高性能ルータのラインナップです。以下ページにて當社主力製品の1つである、FITELnet? FX1の特長をご覧いただけます。

仕様

以下ページにてご覧いただけます。

用語解説

(注 1)MPLS(Multi Protocol Label Switching):VPN(Virtual Private Network)を構築する方法の一つです。パケットにラベル[label]という識別子を付加し、高速な転送を実現しています。

(注 2)SR(Segment Routing)v6:IPv6ネットワークにおいて、パケットヘッダに付加したルーティングポリシー情報に基づいてパケット転送するソースルーティング技術です。

(注 3)ネットワークスライシング:ネットワークをサービス要件に応じて仮想的に分割する技術です。

(注 4)サービスチェイニング:各種ネットワークサービスをルータから分離?連攜させ、パケットをユーザ要件に対して適切な順序で転送させる技術です。

(注 5)MPLS IP-VPN(Virtual Private Network):通信事業者の閉域IPネットワーク網などで、通信サービス利用者の拠點間をネットワーク接続して、MPLSネットワークを介して拠點間の通信を行う技術です。

(注 6)EVPN(Ethernet VPN)-MPLS:MPLSネットワークを介したイーサネットマルチポイントサービスです。

『FITELnet』は古河電工の登録商標です。

古河電工グループのSDGsへの取り組み

當社グループは、「世紀を超えて培ってきた素材力を核として、絶え間ない技術革新により、真に豊かで持続可能な社會の実現に貢獻します?!工蚧纠砟瞍藪鳏菠?、4つのコア技術(メタル?ポリマー?フォトニクス?高周波)を軸に、事業活動をしています。さらに、國連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」を念頭に置き、當社グループの事業領域を明確にした「古河電工グループ ビジョン2030」を策定し、「地球環境を守り、安全?安心?快適な生活を実現するため、情報/エネルギー/モビリティが融合した社會基盤を創る?!工讼颏堡咳·杲Mみを進めています。

ニュースリリースに記載されている情報は、発表日現在のものです。仕様、価格、サービス內容などの情報は予告無しに変更される場合があります。あらかじめご了承ください。